カスタマーサクセスとは何なのか?私にとっては……〇〇です。

カスタマーサクセスとは何なのか?私にとっては……〇〇です。

2024/06/27

NE広報担当

NE広報担当

interview_matsuo_atsushi_02.webp

松尾 厚(まつお あつし)さん

  • 2015年6月に中途入社
  • ネクストエンジン事業部カスタマーサクセスマネジメント部のマネージャーを務める

「カスタマーサクセスといえば松尾さん!」という印象がありますが、入社当初からカスタマーサクセスに携わっていたのですか?

松尾:いえ、入社時はフィールドセールスとして入社しました。

そうだったのですね、前職もセールスだったのですか?

松尾:いえ、前職はシステムエンジニアをしてました。(笑) と言ってもプログラムを書いていたわけではなくて、プロジェクトをまとめたり、システムの要件定義を作ったりしていました。 お客さんに対してシステムの説明をしたり、あるいはお客さんからの要望をヒアリングするなど、対人業務は前職から行っていたことでした。 なので、セールス業務をすることには違和感はなかったですね。

入社してからどのくらいでカスタマーサクセス業務に携わることになったのですか?

松尾:そうですね、入社してから5年間でフィールドセールス → カスタマーサポート → インサイドセールスと様々な職種を経験させてもらいました。 2020年11月ごろに、現在のカスタマーサクセスマネジメント部の前身となるカスタマーマーケティング部が立ち上がりましたが、そのタイミングでカスタマーサクセスに携わることとなりました。

カスタマーサポートとカスタマーサクセスの両方を見てこられたかと思うのですが、両者の違いはどんなところになりますか?

松尾:違いというか、カスタマーサクセスの一部にカスタマーサポートが存在するといった関係になります。 なので、カスタマーサポートもカスタマーサクセスだと言えます。

カスタマーサクセスとはどういうものなのですか?

松尾:少し抽象的な表現になりますが、ユーザーさんにしっかりと寄り添って、ビジネスをゴールまで伴走するということになります。

カスタマーサクセスとカスタマーサポートを分ける要素は、顕在性と潜在性、受動性と能動性だと思います。つまり、
顕在化している課題に対して受動的に解決していくことがカスタマーサポートであり、
潜在的な課題(解決すべき課題)をユーザーさんとの対話の中で能動的に見つけにいき、
解決方法を提示していくことがカスタマーサクセス
になります。

もう少し具体的に……

松尾:例えば、「業務管理ツールのシステム導入をしたい」という要望があったとします。 そのユーザーさんのシステム導入方法を提示し、解決するのがカスタマーサポートで、 どのような業務課題や事業課題があるかを見つけに行き、プロダクトに限定することなく解決方法を提示するのがカスタマーサクセスになります。 解決すべき課題の特定から入るという意味では、コンサルタントに近いと思います。

同じように見えますが、アプローチの違いはだいぶ違うのですね。松尾さんにとって、カスタマーサクセスにやりがいを感じるときはどんなときですか?

松尾:やっぱりユーザーさんが喜んでくれたときですね。 しっかり伴走ができた時は、ユーザーさんがビジネスの成功に近づいていく姿がを見ることができます。「あなたのおかげだよ」と言ってもらえたときはやっぱり嬉しいですし、やりがいもこれに尽きるかなと思います。

カスタマーサクセスマネジメント部のマネージャーとして、今後の部署の方向性を教えてください。

松尾:実は今月、ネクストエンジンのサービスサイト※をリニューアルしました。

new_UX.png

そしてその冒頭には、以下のメッセージを添えました。

せかいであそぼ。人が思うままに熱狂していること、それは存分にあそべているということ。あそべる場所にたどり着くには、さまざまな制限が立ちはだかります。わたしたちは、ネクストエンジンで、コンサルティングで、蓄積したデータで、皆様が抱える制限をなくし、あそべる場所へと伴走します。ぜひ、皆様の「熱狂」に、わたしたちを巻き込んでください。共に「せかいであそぼ」を実現していきましょう!

「しっかりと寄り添い、顧客のビジネスをゴールまで伴走する」とは、お客様とともに「あそびのせかい」を実現していくことだと思っています。
もっとストレートに言うと、僕らはお客さんの笑顔が見たいんです。 これこそがカスタマーサクセスだと思っています

interview_matsuo_atsushi_03.jpg

私は、コマースにかかわる方々が、毎日が楽しくてワクワクしていくことへの支援をしているんだと、全チームメンバーが誇りを持って顧客と向き合っている組織を目指していきます。

もちろんこれは簡単なことではありません。
実現にはコマース領域の網羅的知識や課題を特定する力など、これまで以上に高いものが求められます。
これはカスタマーサクセスマネジメント部だけで完結できる話ではなく、コンサルティングチーム、データサイエンティストなどのNEが持つケイパビリティを活用して実現していかなければなりません。

今、NEは全社員が一丸となって顧客のわくわくに向けて動いています。
だからこそ、僕らは絶対にお客さんを笑顔にすることができると思っています。

※ネクストエンジンサービスサイト:https://next-engine.net/

関連記事

「好き」な解析が「最高」の成果に繋がる!ECコンサルタントのやりがいと挑戦
「好き」な解析が「最高」の成果に繋がる!ECコンサルタントのやりがいと挑戦

2024/07/19

この記事の執筆者:うっちー

この記事の執筆者:うっちー

熱狂するデザイナー組織!挑戦と学びを生み出す成長環境
熱狂するデザイナー組織!挑戦と学びを生み出す成長環境

2024/07/05

この記事の執筆者:葉っぱちゃん

この記事の執筆者:葉っぱちゃん

変化を味方に成長!チームで課題解決を目指すセールスの未来
変化を味方に成長!チームで課題解決を目指すセールスの未来

2024/05/31

NE広報担当

NE広報担当